海藻でミネラルを摂取する

ミネラルを効率良く摂るには海藻がおすすめ

海藻に含まれる栄養分として主なものに、ミネラルが挙げられます。海水に溶け出している海の恵みをたっぷり吸収しているので、そうして育った海藻は、ミネラルの宝庫といえます。ミネラルは、主に骨や歯など年齢相応の成長や健康を維持する働きをします。この働きはほかに代わるものは無く、ミネラルは人間には欠かせない大切な栄養素です。

ミネラルとひとくちにいっても、たくさんの種類があります。よく耳にするものには、カルシウムやマグネシウム、カリウム、ナトリウム、リンなどがあり、これらは主要ミネラルと呼ばれます。ほかにも鉄や亜鉛、セレンなどといった微量ミネラルと呼ばれるものがあります。

カルシウムを含む食品の代表といえば多くの人が牛乳を思い浮かべるでしょうが、牛乳には100グラム中に100ミリグラムのカルシウムが含まれています。それに対し、例えば昆布には100グラム中に700ミリグラム以上のカルシウムが含まれます。このように、海藻からは効率良くカルシウムを摂取できることがわかります。カルシウムは、マグネシウムやリンと共に、丈夫な歯や骨の形成に必要なものとして知られていますが、ほかにも、血液中に一定の濃度が保たれ血液の凝固に関与したり、筋肉の収縮をスムーズにしたり、心臓の鼓動を一定に保ったりと、とても重要な働きをしているのです。神経の興奮をしずめる働きもあり、不足するとイライラしやすくなります。

カリウムには、細胞の内外の液の浸透圧を調整し、過剰なナトリウムの排泄を促す血圧降下作用があります。高血圧を気にしている人は多いと思いますが、減塩と共にカリウムの摂取も心がける食習慣が望まれます。調理することで失われやすい性質ですが、昆布に含まれるカリウムは野菜や果物など他の食品と比べとても豊富なので、一日の所要量を満たすのには、海藻はとても摂取効率の良い食品です。

海藻の鉄分で貧血予防

ミネラル成分の中の鉄分も、私たちの身体に大切な存在です。鉄分は血液の赤血球のヘモグロビンの主な成分であり、不足すると鉄欠乏性貧血になります。貧血の原因のほとんどが鉄の欠乏によるものだということからも、鉄分を摂取することは重要になります。鉄分の多い食品といえばレバーを思い浮かべる人が多いかと思いますが、海藻では海苔やひじき、昆布に鉄が含まれています。ただ、吸収率は低いので、鉄の吸収を高めるビタミンCと一緒に摂取するのがおすすめです。女性は貧血や骨粗鬆症になる人が多いですから、その予防のためにも、若いうちから昆布や鉄分の多いひじきを食べておくと良いでしょう。

海藻中のビタミンの働き

ミネラルが豊富な海藻ですが、ほかにビタミンも多く含まれています。ビタミンB群、C、E、Kなど様々ありますが、海藻に多いのはビタミンAです。ビタミンAは目や喉、胃や腸などの粘膜を丈夫にして健康に保ちます。不足すると免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったりします。ビタミンAの中でもβカロテンは、ガンの発生を抑制したり免疫機能を維持します。ビタミンAは海苔やわかめ、ひじき、昆布にたくさん含まれています。そして、ビタミンは、ほかの栄養素がスムーズに働くための補酵素としても重要です。


「海藻でミネラルを摂取する」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です