ガン細胞ができる原因

私たちの体内でガン細胞が発生する原因は、おもに次の3つです。

  1. DNAのエラーによるもの
  2. 活性酸素の発生によるもの
  3. 発ガン物質によるもの

人間の身体には60兆個もの細胞があり、その中心にはらせん状にねじれた遺伝子があってこれをDNAといいます。ひとつひとつがさまざまな目的を持ち細胞が形成されています。人間のDNAは、0.00001ミリにも満たない直径ですが、長さはなんと約2メートルにもなり、内部には情報がぎっしりと詰まっています。細胞分裂が起きる時にはDNAが複製されるのですが、複製が失敗するとエラーが起きた細胞が生まれて、ガン細胞になり増殖をします。

人間が生きていくためには酸素が必要です。そして、呼吸によって体内に酸素が取り入れられる時、毒性の強い活性酸素にも変化します。活性酸素はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)をつくりだすことで知られる物質ですが、正常な細胞まで傷つけてガン細胞化させてしまう、恐ろしい習性があります。

発ガン物質とは、遺伝子に影響を与えガンを発生させる可能性のある物質のことで、わかっているものだけでも約2,000種類もあります。禁煙に苦しんでいる人もいると思いますが、タバコの煙の中には約40種類もの発ガン物質が含まれていると言われています。このほか加工食品や、魚や肉などの焦げ、食品に生えるカビ、紫外線や排気ガスなどにも発ガン物質が含まれていて、正常な細胞が影響を受け遺伝子が傷つき、ガン細胞に育ちます。

体内では常にガン細胞のもとが発生している

ガンは遺伝子の病気ではありますが、健康な人でも、極わずかな確率で、遺伝子の情報の伝達に間違いが起こる可能性があります。実際に人間の体内では、ガンのもととなる細胞が毎日数千個も発生しているとされているのです。しかし、私たちの身体にはこういった細胞をきちんと防御する仕組みがあって、そう簡単にはガンになりません。遺伝子の修復プログラムやアポトーシス機能が働いたり、身体の免疫機能によって細胞は死滅します。

ところが、活性酸素が体内に大量に発生してしまうと、ガン細胞のもとが発生する確率もそのぶん上がります。そして、アポトーシス機能や身体の免疫機能をもっても死滅しなかった異常細胞はガン細胞となり、細胞分裂を何度も繰り返して腫瘍になります。

増殖を続けるガン細胞

正常細胞がガン細胞になるまでには、通常20~30年ものとても長い年月がかかります。検査でガン細胞を発見できるのは、5ミリほどの大きさに育ってからです。その段階では既にガン細胞は1億個を超えるまでに増殖しているといいます。アポトーシス機能が上手く働かなかったガン細胞は、私たちの体内でどんどん増殖し続けて半永久的に生き続け、さらに増殖と転移を繰り返す特性をもつ、とてもたちの悪い細胞なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です