フコイダンが免疫システムを活発にする

免疫力を下げる原因とは

免疫力が私たちの身体にとってとても重要なものであることは、みなさんおわかりだと思います。しかし、現代社会には免疫力を下げてしまう原因がいろいろあって、その中には、自分の努力だけで改善できるものも、できないものもあります。わかっていてもできないジレンマも多いでしょう。

  • 生活リズムの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス
  • 慢性疲労
  • 加齢
  • 大量の活性酸素
  • 排気ガス

これらのような要因が積み重なることで免疫力は落ち、私たちの身体は風邪をひきやすくなったり、傷やケガが治るのが遅くなったりします。そして、それだけでなく、生活習慣病やガンといった生命をおびやかすような病気にかかってしまうこともあります。ですから、免疫システムを常に活発にしておいて、日頃からストレスや疲労をため込まない、たまってしまったら解消する生活をすることが大切なのです。

免疫機能を活性化するのはフコイダン

そこで、免疫力アップの強い味方になるのはフコイダンです。フコイダンを摂取することで、ガンを消滅させる免疫力が増強されることが明らかになっています。

マクロファージは、糖同士の結びつきが強く大きな多糖体であるフコイダンが体内に入ると、有害な敵であると勘違いします。そして、それぞれの免疫細胞に敵の侵入を知らせる警告をします。体内に入ってきたフコイダンが敵と間違われたことによって、全身のリンパ球が活発になるのです。このように、フコイダンには、ガン細胞を自滅させるアポトーシス作用があるだけでなく、免疫力を上げる働きがあります。

ガンにかかった人は、免疫力の低下でガンになってしまったというのに、抗ガン剤などを使うことでさらに免疫力が下がってしまうことになります。フコイダンの摂取では、ガンをやっつけながら、免疫力も高めてくれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です