月別アーカイブ: 2013年3月

フコイダンで花粉症を改善

春先になると毎年のように、花粉症のつらい症状に悩む人が多いと思います。花粉症にかかる人は年々増加し、日本人の20~30パーセントもの人が花粉症であるといわれています。

花粉症は、スギやヒノキなどの樹木の花粉によってさまざまな症状を引き起こす、アレルギー疾患のひとつです。花粉症の症状といえば、鼻がむずむずしたり、くしゃみが止まらなくなったり、目の充血やかゆみなど、その症状は、とてもつらいものなのです。

このような花粉症などのアレルギーというのは、私たちの体内に侵入してきた異物に対し、からだの免疫機能が過剰に反応してしまうことによって生じます。

花粉症の場合、花粉が体内に入ると免疫細胞は花粉を排除しようとして抗体をつくります。それは『IgE抗体』といわれる物質です。このIgE抗体は、私たちの鼻や目にある肥満細胞を覆うように結合するのですが、再び花粉が体内に侵入してくると花粉と結合して、肥満細胞はヒスタミンを放出します。

ヒスタミンというのは、体内に入ってきた毒素によって活性化され、かゆみや痛み、腫れ、アレルギー症状を起こす原因となる物質です。ヒスタミンが作用し、体内に入り込んだ花粉を体外へ出そうとして、くしゃみや鼻水、涙といったいろいろな症状が発生します。

従来、花粉症の症状を抑えるために行われているのは、ヒスタミンの作用を抑制する予防法で、これが第一の治療法だとされていますが、実は症状を一時的に抑えるだけの対処法なのです。

フコイダンは、アレルギー症状のもととなるIgE抗体の発生を抑え、花粉症の症状を改善することがわかっています。IgE抗体自体の発生を防ぐ、ということは、原因となるヒスタミンも発生しないということで従来の予防法とは全く違います。そもそも免疫機能のバランスが崩れることで花粉症にかかりますが、フコイダンには免疫のバランスを調整する働きがあります。

また、フコイダンがアレルギーに関連のあるヒアルロニターゼという酵素を抑制することもわかっています。このようにして、フコイダンは、花粉症をはじめ、さまざまなアレルギー症状を撃退してくれるのです。

上質なフコイダン 全分子フコイダンエキス

フコイダンの効能はガンの抑制だけじゃない

フコイダンは、ガン細胞に対して

  1. アポトーシス
  2. 免疫力の増強
  3. 血管新生の抑制

これら3つの点でとても大きな力を発揮し、ガン細胞を消滅へと誘導してくれることが、これまでにわかりました。

しかし、フコイダンは、このガン細胞を抑制することだけでなく、それ以外にもさまざまな効能をもっているのです。ガン患者だけでなく、たくさんの人たちにフコイダンの摂取を推奨する医師もいるそうですが、それは、フコイダンが、多くの人が悩んでいる生活習慣病やアレルギー疾患などのいくつかの症状に対し有効だからです。

フコイダンには主に、次のような薬理作用があることが明らかになっているのです。

  • 免疫賦活作用・・・自然免疫を活性化して抵抗力を増強します。免疫力がアップして、ガン以外の病気にもかかりにくくなります。
  • 抗ウイルス・抗菌作用・・・風邪をはじめとするウイルスや病原菌に対しての抵抗力が上がります。
  • 抗アレルギー作用・・・アレルギー物質に対して抵抗力が強くなります。
  • 抗酸化作用・・・体内で発生する活性酸素を抑制します。
  • 抗ピロリ菌・抗潰瘍作用・・・ピロリ菌や潰瘍が発生するのを防いで胃を健康にします。
  • 血液凝固阻止作用・・・血液を固まりにくくして血栓の防止に役立ちます。
  • 整腸作用・・・おなかの調子を整えて便秘を改善・解消します。
  • 血糖上昇抑制作用・・・血糖値が上昇するのを防ぎ糖尿病を予防します。
  • 肝機能向上作用・・・肝臓の機能を正常にし向上させます。
  • 肌の保湿作用・・・優れた保湿作用があり、美しい肌を保ちます。

これらのことから、私たちが健康を保つうえで、フコイダンが有効であることがわかります。